寒の入り、と呼ばれています。ここから一気に寒くなります。冷えや体調不良に気をつけてくださいね。
小寒の次は大寒となり、立春へと向かっていきます。
1月、6日から九星は三碧の月になります。
フットワークが軽くなります。思いついたらすぐ行動!焦って失敗もしがちなので、計画をたてて動くといいでしょう。いつでも動けるようになってますから、事前準備もしっかりと。先月に引き続き、木のエネルギーが強くなってます。神経痛や偏頭痛に注意しましょう。脂肪や炭水化物、お酒は控えて。
そして、今月は吉方位が大吉方位になります。
1/12、21、30の三日です。
ただーし!1/18から2/3まで土用の期間に入ります。大吉方位、この期間はちょっと弱くなります。
よって、最大吉方日は1/12!!
プラスのエネルギーをとりこむまたとないチャンス。この日は日帰り旅行やランチを計画しましょう。
では、九星の月間占い・吉方位です。(1/12以外は吉方位としてみてください)
一白さん…考えがまとまらない月。感覚で動き、後で修正していくほうがいいかも。南、南西。

二黒さん…自分の思いに正直になりましょう。意見を大事に。南、北。

三碧さん…いいときと悪いときの差が激しいです。振り回されないように自分を保って。北西。

四緑さん…自分の行き先を阻む人がいます。きちんと話し合いを。南西、西寄り(申の方角)。
↑写真の南西、赤い枠に囲まれていないほうです。※南西、南寄り(未の方角)は月破となり凶方位です!

五黄さん…人を介して、次々に運を呼びこめそうです。繋がり大事に。北、南、南東。

六白さん…タイミングを大事にしましょう。人脈整理を。北、南、南東。

七赤さん…目標や夢をノートにかきましょう。思ったら即行動。南東。

八白さん…心のもやもやを吐き出すように心がけましょう。ストレス発散。南東。

九紫さん…タスクをこなしていきましょう。身の回りのことを大事に。北、南東、北西。
自分の星は、

①生まれた西暦の各桁を、一桁になるまで足して

(例)1983年8月21日の場合  1+9+8+3=21 2+1=3

②基本数11から①を引く

11-3=8

その数=その星を持つ人になります。

1は一白水星(いっぱくすいせい)
2は二黒土星(じこくどせい)
3は三碧木星(さんぺきもくせい)
4は四緑木星(しろくもくせい)
5は五黄土星(ごおうどせい)
6は六白金星(ろっぱくきんせい)
7は七赤金星(しちせききんせい)
8は八白土星(はっぱくどせい)
9は九紫火星(きゅうしかせい)

それぞれの星をみてくださいね。

吉方位は自宅からみての方角となります。

その方角へ食事や旅行に行くといいですよ。吉方位にあるコンビニで飲み物を買ってもOKです。

詳しくはこちら↓↓

祐気取りって何?

その1       その2      その3

なお、吉方位には生気・退気・月盤のみの吉方位・年盤のみの吉方位が含まれています。
ここでは緩い見方をしています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


 鑑定のお問い合わせ・ご予約はこちらから

メールはここから 

LINEの方はLINEアカウントからもお問い合わせできます。

友だち追加数
ご依頼の方はネット予約できます。(フィーチャーフォン非対応) 

対面鑑定→クービック予約システムから予約する

電話鑑定→クービック予約システムから予約する

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆