うーん。書き出しに迷ったけれど、ぼーっとしていたら言葉が降りてきたのでそのまま書いてみます。
(正確には、運転中に降りてきたのでボイスメモしたのを書き起こし)

子供でも、大人でも「センスがない」「自分もあの才能が欲しい」って、才能を羨む人はいっぱいいますよね。

でも、才能やセンスはもともとあるものにしても、それを発揮するための努力や自己研鑽をしないと、ないものねだりで終わってしまいます。才能やセンスのないものねだりです。

才能やセンスは、自分を最大限に活かすことによって発揮されます。才能は、自分の動かし方、自分の見せ方、自分の活かし方に隠れているのです。

その活かし方を学ぶために、必要な知識や練習、実習、体験を積み重ねていくのです。どんな方法で自分を活かせるのか…その知恵を身につけないと才能は花開くことができません。それを積み重ねることで、その場所での自分の動かし方、つまり才能の発揮の仕方がわかってくるのだと思います。

練習嫌い、勉強嫌いが言う「私、才能ないから」は、才能を活かすことを放棄しているのです。自分で放棄しているのに、やらないのに、才能がないと決め付けているのでしょう。

また、やりたいことで頑張っているのになかなか芽がでないのも、その場で自分の活かし方が間違っているからかもしれません。やり方を変えたり、別のジャンルでやりたいことにつなげていけば自分の才能が発揮されるパターンもあります。

まずはやってみる、とよく言われますが、本当にやってみないとわからないことはたくさんあります。才能がない、センスが欲しいと嘆く前に、自分なりに才能を磨く勉強をしてみたほうがいいと思います。

*話題と全く関係のない写真はうちのわんこです。