恋は必然、愛は偶然。咲羅です。(笑)

さて。冬にこもっていた虫が這い出る、という意味を示す啓蟄。

この時期から春の花が咲き始めるのではないでしょうか。
私の家の庭の木々もすでに芽吹き、梅の花もちらほら。
満開まで、そう時間はかからないのかもしれません。

3月5日から九星は一白の月になります。

img_1428-2

(今回は月盤のみで…)

人に合わせた行動がカギとなってきます。
協調性、柔軟性を求められそうです。
人に合わせすぎて、フラストレーションがたまってしまうかもしれません。
ストレスで爆発しないように、こまめにガス抜きをしましょう。
できれば思いを共有できる人と一緒にいたほうがいいですね。

では、九星の月間占い・吉方位です。
一白さん…モヤモヤを感じやすくなります。先走り注意。気晴らし必須。なし、家でゆっくりしましょう。

二黒さん…見通しをたてた行動が吉となります。日々の積み重ねも。東のみ。

三碧さん…思っていたことが次々に形になります。発展にも期待。なし、目の前のことに気を向けよう。

四緑さん…プレッシャーに押しつぶされそうになるかも。強い味方をつけよう。南東、北西。

五黄さん…頭だけでなく体も動かしてみよう。立ち止まってはもったいない。北西、東、南東。

六白さん…周りの人に思いやりをもって接すると吉。人とのつながりを大事に。東、北西。

七赤さん…裏方にまわると、その見返りが大きい。できれば人が喜ぶことを。北西、東。

八白さん…小さなことを見逃してしまいそう。まめに確認を。北西、南東。

九紫さん…行先によって吉にもなるし凶にもなる。冒険せず、信頼できるほうを。なし、物事には慎重になろう。

自分の星は、

①生まれた西暦の各桁を、一桁になるまで足して

(例)1983年8月21日の場合  1+9+8+3=21 2+1=3

②基本数11から①を引く

11-3=8

その数=その星を持つ人になります。

1は一白水星(いっぱくすいせい)
2は二黒土星(じこくどせい)
3は三碧木星(さんぺきもくせい)
4は四緑木星(しろくもくせい)
5は五黄土星(ごおうどせい)
6は六白金星(ろっぱくきんせい)
7は七赤金星(しちせききんせい)
8は八白土星(はっぱくどせい)
9は九紫火星(きゅうしかせい)

それぞれの星をみてくださいね。

吉方位は自宅からみての方角となります。

その方角へ食事や旅行に行くといいですよ。吉方位にあるコンビニで飲み物を買ってもOKです。

詳しくはこちら↓↓

祐気取りって何?

その1       その2      その3

なお、吉方位には生気・退気が含まれています。
ここでは緩い見方をしています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


 鑑定のお問い合わせ・ご予約はこちらから

メールはここから 

LINEの方はLINEアカウントからもお問い合わせできます。

友だち追加数
ご依頼の方はネット予約できます。(フィーチャーフォン非対応) 

対面鑑定→クービック予約システムから予約する

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆