☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

6月のスケジュール→こちら

不定期でツイキャス・LINELIVEしています。
ツイキャスはこちら LINELIVEはこちら

アメブロでマンガ描いてます。「地方で占師してみたら」

 原稿執筆・鑑定のお問い合わせ、鑑定ご予約、カードや書籍等のご購入・お問い合わせは……
メールはこちらから  電話はこちらから

LINEの方はLINEアカウントからもお問い合わせできます。友だち追加数

対面ご依頼の方はネット予約できます。(フィーチャーフォン非対応) クービック予約システムから予約する

ヘイズ中村著 魔術講座シリーズ 通信販売取扱中!
「水晶球霊視」
「魔法の小道具/魔術師列伝」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

普段の占いでは、もちろん真摯に依頼者さんに向き合って
鑑定をさせていただいている私ですが(仮にふざけてたら殴られますよ…(;´・ω・))
占いって一貫して真面目を貫かなければいけないのかな、と思うときが、ふとあります。

例えば勉強するときは、本を読んだり、命式やホロスコープをとり星の流れをみたりします。
(富山には、プロ向けの講座らしい講座があまりないので、本やサイトから情報を集め、独学でこつこつと。)
占いを学ばれている方はわかりますが、基本的なことですよね。
好きでやりはじめた仕事ですから、もちろん勉強によって占いをとことん追求するのは楽しいのです。

楽しいのですが…同時にそのことに縛られている窮屈さを感じるときがたまにあるのです。

何のために勉強しているのか、どうしてこれを学ぶ必要があるのか。

専門的な仕事だから故、質の向上のため、より具体的な鑑定ができるようになるため、なのはわかっていますが。
私の性格なのか、どうしてもどこか違うところに楽しみをみつけないと気が済まないというか、
占いを別の形で楽しむ場がないと、自分自身が占いを嫌いになってしまいそうな…そんな感じがしていました。

占いを楽しむ、と言う意味では、ツイッターなんかで見かける、占い師同士の真面目な占い話の掛け合いも面白くていいのです。
でもそれって、占い師さんたちが楽しんでいるだけで、占い好きでそこまで詳しくない人は楽しめないのかもなーとも思ったり。
そういう人も巻き込んで「占いって面白い!」「楽しそう!」と言わしめたい自分がいるのです。自分も、もちろん楽しんで。

(ちなみに。正直、そんな話ができる県内の同業者友達は、ひとりもいません。私がおバカだから…?ひそかに募集中)

自分が占いを楽しみ、楽しんでもらうための場を作りたいとは、前から思っていました。
真面目な勉強、真面目な鑑定、それは自分のメインのお仕事です。
そうじゃない。サブで、楽しむ占いをやりたかった。

そういう意味では、今ツイキャスやLINELIVEは楽しい占いを自分なりに展開しているかな、と思っていたりします。
はじめたのは、元はもっと自分を知ってもらうためのものだったんですけどね(;´・ω・)
今は占いを自分が楽しみ、楽しんでもらうための場として築いているところがあります。

こうして、デュエマのカードでジオマンシーをやってみたり。


ルノルマンも、SNOWばりのうさちゃん加工の私がノリノリで引いていたりもします(笑)
(あ、このとき背筋矯正ベルトもつけていますね)

こうして楽しんで占いをしていると、恐らく、同業者の占い師さんが
「ふざけるな」
と言ってきそうですが(;´・ω・)

私みたいな占い師がいたって、いいんじゃないでしょうか。
占いを楽しむ占い師。真面目な占いは真面目なときに。
十人十色です。
性格上、実践系です。講師系にも研究系にもなれなさそうです。
勉強は一生なので、もちろん続けますが。
専門的な分野、コアな部分は専門家の方におまかせします。

私は、基本楽しく真面目にふざけて占いをやっていきたいと思います。