今朝、櫛田神社に行ってきました。

http://kushida.main.jp/index.html

自宅から近いところにあるので、
週に2~3回は通っています。
小さいころからずっと通っている神社ですので、もう神様とは顔なじみです。今まで行った神社と違い、エネルギーがとても暖かく、ふわっと包み込まれます。穢れが落ちてスッキリするというよりは、ほっとする場所です。ご利益も、夫婦円満、家庭和合だからかな。縁結びのご利益もあるとのことですが、片思いや出会いを結ぶというよりは、今あるカップルの縁がより深く結ばれるイメージです。復縁もかな。
片思い・出会いを結ぶとなれば、射水神社とか気多大社のほうが強いのかも。

主祭神は、素戔嗚尊(すさのおのみこと)と櫛名田比売(くしなだひめ)。

人物神・合祀の神様は以下の通り。
(wikiより)
武内大臣(武内宿禰)
豊臣大臣(豊臣秀吉)
源義将君(斯波義将)
大亜利家(前田利家)
天照皇大神
少彦名命
豊玉姫命
底筒男命(住吉神)
息長帯姫命・誉田別命(八幡神)
天満天神(菅原道真)

…多いなぁ。

境内に入り、手水舎でお清めをします。

{B490F4DC-0E43-46E3-B4C3-3D62363CFE67}

手にした杓子に、チャドクガが!!!
この杓子を使ってから気が付きました。

 

{FAE7426A-2C41-4368-9667-3652E7B2C03D}
刺されてたら大変なことになってた…ひぃぃぃ…。
刺されなくてよかった。
階段に上がり、鳥居をくぐり。
拝殿に行くと、賽銭箱の向こうはガラス張りになっています。
そして見えた神様の姿は…
{F3D167D8-245C-4C78-BAA1-8FDBB58A00CE}

絵は事務所で書きました。
すみません。毎度絵が雑。
オレンジ色の線が現実。
(本殿には、人物像が二つ並んで配置されています。前田利家と大伴家持かな?)
青が神様です。

私が行くと、必ずすさのおさんとくしなださんがこの配置で立っていて、
女性の神様が後ろで果物持っていたり、お米持っていたり、何も持たずにこちらを覗いていたりしています。
この女性の神様って誰だろう…。
豊玉姫さん?(でも、穀物の神ではないはず…)
天照さん?(こんなにへりくだった態度とるかな…)
見た目とか女性の神様でいうと、豊受さんに近い気がする。
それとも、女性のふりをした少彦さん?(ありえないか)

わからないのですが、私が行くといつもいます。
たまに少彦さんも、出てきます。

{8E6B7C41-53B2-470A-9A69-C6BB102B6853}
手を合わせると、口を開くのは、決まってくしなださんです。
すさのおさんは、口をへの字にして、黙って仁王立ちしています。
すさのおさんって、人を選ぶのかな…。荒れた性格してるからかなぁ。
(詳しくは古事記読んでね)
くしなださんとの会話です。
「長所短所、能力有無、知識有無、強い弱いにこだわってはいけません。持って生まれたものは不平等。ですが、そこに優劣はありません。優劣をつけているのは、人の欲です。欲があるから、上に立ちたがり、人を見下したりするのです。
優劣をつけずに生きなさい。持って生まれたものを大事にしなさい。
素のまま、ありのままにいきなさい。人と比べてはいけません。
人生、優劣ではなく、より気持ちよく生きたものが勝者になれるのです。」
私は人と比べる癖はありませんが、たまに自分の無力さに落ち込んでしまいます。そんなときに、「もっと優れていたら…」と思ったりするのですが、そこはやっぱり神様はわかっているのですよね(;´・ω・)
占い師という仕事も、自分の見えるとか聞こえるという能力も、必ず上がいるし、下もいる。その中で、どれだけ自分という存在を活かし、人として向上していくかが要になっていて、上も下も見る必要はないのです。大事なのは、どこまでいっても人間性ですね。
読んでいらっしゃる方も、いろんなことに置き換えて考えると理解できるんじゃないかな…と思います。
どれだけ優れていても、顔がよくても、お金にめぐまれていても、人間クズだと意味がないんですよw
(口の利き方…汗)
さぁ、「自分」という個性を極めて、誰よりも笑って気持ちよく生きていきましょう!
次回もお楽しみに。

★神様のエネルギーコンサルやってます
http://sakurabeni.info/?p=3086